不妊治療の知識

不妊治療を選ばざるを得ない現状

40代の妊娠にはリスクがつきものです。しかし、リスクがあることを理解していても、どうしても高齢出産にならざるをえない女性も多いです。

 

リスクの一つに「妊娠率の低下」があります。その結果、不妊治療に取り組む夫婦の数は年々増えています。

 

増加し続ける体外受精

 

厚生労働省のデータによると、日本国内で体外受精を行う夫婦の数はどんどん増えており、2010年は約25万件となりました。そして、体外受精によって生まれてきた子どもは約3万人となっています(日本産科婦人科学会調べ)。新生児がおよそ100万人ですから、33人に1人、つまりクラスに1人は体外受精によって生まれた子ども、ということができます。

 

今や、不妊治療を行う産科婦人科の数は600を超え、ダントツで世界第一位となっています。人口を考えるととびぬけて多い数字と言えるでしょう。今日本は世界でもトップクラスの不妊大国と言えるのです。

 

不妊治療について理解しよう

 

今妊活に取り組んでいる女性の中で、不妊治療に踏み込もうとしている方も多いはずです。ここでは、不妊治療を行う前に知っておきたい知識を紹介していますので、一度ご覧になってください。


不妊治療の知識記事一覧

「不妊」の定義は決まっていて、「避妊なしで2年以上妊娠しない状態」とのことを指しています。これは世界保健機構が決めた定義...

なかなか赤ちゃんができないとき、不妊の原因が男性側にあることも多いです。原因となる症状の一つが「無精子症」です。無精子症...