Q&Aコーナー

40代妊娠のQ&A

このページでは、40代妊娠にかかわる疑問点にお答えしています。まずは大前提として、いわゆる高齢出産について説明いたします。

 

40代の妊娠はいわゆる「高齢出産」にあたります。はじめに、高齢出産の定義について知っておきましょう。

 

世間では「高齢出産」という呼称が定着していますが、医学界では「高年初産婦」と呼んでいます。これは、初産と二人目以降の出産だとリスクが違ってくるためです。ようするに、高齢での初産をとくにリスクが大きいと判断しているわけです。

 

高年初産婦の定義を決めたのは「日本産科婦人科学会」で、かつては30歳以上の初産婦を高年初産婦としていました。一方、WHO(世界保健機構)では35歳以上の初産婦を高年出産としていました。その定義を追いかけるように、日本でも35歳以上の初産婦を高年初産婦と定めれられました。生活環境の改善や医学の進歩などがあり、出産のリスクが低減されたと判断されたためです。

 

高年初産婦という定義がされたのは、30代以降は加齢によるリスクが高くなるためです。医学的に、妊娠~出産に適した年齢は20代となり、30代以降は20代に比べるとトラブルが多くなるという判断からです。

 

高齢出産にはどんなリスクあるのか?どんなことに気を付けたらいいか?という点については、以下の記事から閲覧可能です。

Q&Aコーナー記事一覧

世間では、40代の妊娠はリスクが大きいとか、難産になりやすいというイメージを持っている人が多いです。データとしてもリスク...

難産確率が上がるかどうかの前に、まず「難産とは何か」という話をします。難産とは、分娩時間が長時間にわたったり、分娩にさま...

帝王切開は20歳代の母親の場合5%程度となりますが、40歳代だと10%以上と、2倍の確率となります。なので、数字だけを見...

データ上では、自然流産の確率は年齢を重ねるごとにアップしていきます。34歳以下の倍は10%以下ですが、いわゆる高齢出産の...