流産になりやすいですか?

流産の可能性は上がりますか?

データ上では、自然流産の確率は年齢を重ねるごとにアップしていきます。34歳以下の倍は10%以下ですが、いわゆる高齢出産の35歳以上の出産の場合は20%~40%となっています。また、初産だから高確率になるということもなく、何人目の出産でも同じ確率となります。

 

自然流産は妊娠初期に起こる流産のことを指していますが、その原因は受精卵のトラブルがほとんどです。高齢出産には「卵子の老化」というリスクがあり、そのせいで流産の確率も上がっているというのが定説となっています。そのため、ママの体そのものの衰えが原因というわけではありません。また、激しい運動をしていたからとか、生活習慣が乱れていたからという理由ではないので、安静にしていたからといって防げるわけではないのです。

 

40代以上の出産で流産してしまった女性もいますが、その一方で40歳以上で無事に子どもを産んだ女性もたくさんいます。また、食生活を正しくたもったり、葉酸を摂ってお腹の子どもの健康に備えるなど、できることはたくさんあります。流産確率が上がることにただ悲観するのではなく、流産確率が上がることを頭に入れたうえでどんな対策をしていくか考えることが、高齢出産の第一ステップといえるのではないでしょうか。

関連ページ

やっぱりリスクは大きいでしょうか?
40代の妊娠・出産は、やはり若いころに比べてリスクが高くなります。その内容や理由について解説しています。
難産の確率は高いですか?
高齢出産だと難産になりやすいという話がありますが、その真実と理由について解説しています。
帝王切開になりやすいですか?
40代の妊娠・出産だと、たしかに帝王切開の確率は上がりますが、高齢出産だから上がるというよりは、年齢を心配してあらかじめ帝王切開を選ぶことが多いのが原因と言えるかもしれません。